ゆっくり変わる

中古住宅を購入したとき、リフォームローンを使う場合がある。

このリフォームローンも、いろんなものがあるようだ。

従来、このローンは、無担保ローンが一般的だった。
10年や15年と、返済期間も住宅ローンに比べると、短かく金利もとても高かったのだ。
住宅ローンについてはこちらのサイトを参考に)

しかし今のリフォームローンは、担保設定を選べるようにもなっている。

担保設定にすると、融資側からの信用度も高くなり、住宅ローンと同じくらいの借入れ期間や金利設定をしてくれる銀行が増えている。

銀行によっては、住宅ローンの一部として、取り扱ってくれるようだ。

リフォームローンを、住宅ローンの一部として取り扱ってくれる銀行は、まだその内容も変わりそうだ。

リフォームしたいときも、各銀行のメリット、デメリットも調べてみよう。

日本の中古物件の取引は、新築に比べるとすごく少ないようだ。

築年数が経ったら新築にする、というのが日本では主流だったため、リフォームローンもゆっくり変わっているのだろう。

2011年4月7日 ゆっくり変わる はコメントを受け付けていません。 声に出して